就職活動の内容とは

中途採用の試験内容とは

SPI試験や性格検査の意味

求人の際、SPI試験や性格検査を導入している施設があります。どちらもほぼ同じ意味合いがあり、いわば適性検査といえるものです。その人の性格、積極性や消極性、内向的か外交的であるかを診断します。またどういった業務に向いているかなども判別します。決して人格の優劣を判断する試験ではなく、徹夜で一夜漬けして勉強すれば高得点が得られるものではありません。その人の生まれつき持っている性格や生活した環境などて培われた対応力を調べるものです。会社、施設の社風や環境に適正があるかをチェックすることが求人の際に実施する目的です。

SPI試験と性格検査について

就職活動を始め、いざ選考に進む際にSPI試験と性格検査が必要になる求人案件も多くあります。特に新卒採用の場合にはほとんどの企業で実施し、最近では中途採用でも多くの企業が取り入れています。SPI試験にはいくつか種類があり、言語と非言語問題のパターンが多く、簡単に言うと国語と数学的要素の問題になります。求人案件にもよりますが、ある程度パターンが決まっているものも多く、市販の問題集などでしっかり予習をすれば解くことが出来るでしょう。性格検査は、受検者の性格を把握するためのもので、自分で自分をどう思うかをマークシートで選んでいくものが多いです。

就職試験の対象情報

新着情報

↑PAGE TOP